フクロモモンガの体重が増えない?成長の目安とは?

フクロモモンガの飼い方について

フクロモモンガの身体の特徴を知ろう!

フクロモモンガは、手のひらに乗るくらいのサイズ感で、とても小さなペットです。フクロモモンガの身体の特徴を知って、成長の目安を知ることはとても大切なことだと思います。餌の量のコントロールや成長の目安など、飼い主として知っておくべき情報を調べてみました。

フクロモモンガの体重と体長について

フクロモモンガの体重はどれくらい?赤ちゃんは?気になるベビーの体重について

フクロモモンガの体重は、オスとメスでは若干の違いが見られ、オス115~160gで平均体重は140g、メス95~135gで平均体重は115gです。およそ1年くらいで成体になると言われています。

フクロモモンガの赤ちゃんの体重は、生後2ヶ月で45g生後4ヶ月で70g程度とものすごく小さいわけです。生後1年程度をかけて成体になり、この時点で120~150gくらいになっていることが目安になってくるかと思います。

もちろん個体差はありますが、骨格的なバランスが大きく痩せて見えるのであれば、餌の量を増やしてもいいのかと思います。

フクロモモンガの体長はどれくらい?

フクロモモンガの体長は、平均すると12cm~21cm程度です。尻尾は胴体よりも長く、12~15cmもあります。全身がとってもきれいな体毛で覆われているのが特徴です。

フクロモモンガの体重をもうちょっと増やしたいと思ったら・・・

フクロモモンガはお母さんの育児嚢にいる時に、成長に充分なミルクをもらえずに育つと成長時期に必要な栄養が足りず、結果として骨格が小さくなってしまったり、体重が思うように増えない場合があります。このような場合、早い時期に大人と同じような食事に切り替わってしまったことが原因で、成長不良になってしまうのだと思われます。

このような時は、病院やペットショップ、ブリーダーさんに一度見てもらい、アドバイスをもらうのもいいと思います。また、小動物用のミルクをおやつ程度にあげてみるのはおすすめです。今は栄養補給用のサプリメントも市販されていますので、フクロモモンガの生体に合わせて取り入れてみるのもいいと思います。

ただし、与え過ぎは厳禁です!例えば、糖分やカロリーの高い食物ばかりに偏った食事は問題です。まずは、ケージなどに普段主食として与えているペレットの量を少し増やしてあげるというのも手ですよ!

おすすめ!:「モモンガミルク」

【評価】★★★★★5.0 <購入者さん>

❞何種類かの小動物用ミルクを試しましたがジクラのミルクが一番食い付きがいいので、ここ数年はこのミルクをリピ買いしてます。モモンガミルクは、下痢やアレルギー症状が起きやすい乳糖の影響を受けないということで、デリケートなフクロモモンガにはおすすめではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました